旭産商の最新情報。新製品や技術、取り組みなどを紹介

  現在位置:  HOME >  最新情報 >  記事

世界初の無機系注入式アンカー「セメフォースアンカー」販売開始

セメフォースアンカー
 旭産商株式会社(東京都江戸川区。洞下泰成社長)は、セメントを主原料とした無機系注入式アンカー「セメフォースアンカー」(発売元=住友大阪セメント株式会社)の取り扱いを開始しました。コンクリートと同等の耐熱性が得られるとして今後、耐火性が求められる箇所への採用を目指します。

 「セメフォースアンカー」は、コンクリートの補修・補強工事や機械の据え付けで広く用いられる接着系アンカー向けに開発された無機系注入式アンカーです。

 接着系注入式アンカーの主流である有機系アンカーは、高い付着性や扱いやすいパッケージ、高いユーティリティという長所がある一方で、臭いやVOCガスの発生、耐火性、施工部位の湿分で使用条件が限定されるなどの問題が指摘されています。また、無機系アンカーでは和紙などを混合させた紙チューブ式がありますが、注入ごとに水に漬ける必要があり手間となっていました。

 今回取り扱いを始めた「セメフォースアンカー」は無機系材料であるため、コンクリート同等の耐火性を持ち、乾燥、湿潤、水中のいずれでも施工できます。また、石油製品が主原料の有機系アンカーに比べ、石灰などの天然鉱物が主原料としているため、無臭でVOCガスの発生が無く環境に優しく、硬化後はコンクリート躯体と一体化します。

 住友大阪セメント殿が行った日本建築総合試験所での引張強度試験及びせん断試験ではその効果が確認されています。主な特長は以下の通りです。

(1)注入式の無機系アンカー
世界初のカートリッジ容器を用いた無機系注入式アンカーで、義膨張性超速硬セメントをベースにしている。カプセルタイプが使えなかった部位で無機系アンカーが使用できる。注入式なので騒音の発生を抑えることができる。

(2)セメント系材料
セメント系のため、硬化後はコンクリートと同質となる。カートリッジ内に専用水を注入、容器を振って撹拝しま真専用水を使用するので、常に正しい水セメント比で使用できる。

(3)優れた充填性能
市販のコーキングガンでも簡単に充填できる。アンカー材をもちもちした特性に材料設計。上面施工でもアンカー材の垂れがほとんどない。

(4)施工環境を問わない固着性能
ハンマドリルでもコアドリルでも同等の固着力を発揮。孔内部が乾燥状態でも湿潤状態でも問題なく施工できる。水中施工も可能。

(5)不燃耐熱性能
セメント系のため不燃材料。コンクリート同等の耐熱性能が期待できる。

(6)高い環境性能
VOCガス、臭いの発生がない。毒物が含まれていないため保存、保管が容易。